築80年古民家の中にガレージをつくる

安芸市内にある、築80年のこちらの古民家。

「貫」や「石場建て」を用いる伝統工法で建てられています。

 

お施主様のご希望により、土間をガレージに改修することになりました。

現在、工事中です。

改修中の現場。

古い柱に新しい梁を組み込むという難しい工事でしたが、熟練の職人さんの技術とアイデアで完成!

 

こちらは、もともとあった古い梁です。

おそらく地松(国産のアカマツやクロマツ)を使っているのでしょう。

無垢のままの木なので、80年経っても松脂が出続けているのはおどろきです。

 

地松は松枯れなどにより全国的に少なくなってしまいましたが、当時は高知でも身近にあった地元の木が使われていたんですね。

 

 

構造を組み上げたら、シャッターを入れる予定です。

完成したらブログでご報告します。

 

(将太)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中