夕方の刻屋の風景

新しい建物の建築がはじまりました。

木材の一部は、いま刻屋で大工さんが加工しています。

 

一日の作業が済んだあとに刻屋を見てみると、木の端材や木屑でいっぱいです。

次の日も気持ちよく仕事ができるように、毎日のおそうじも欠かせません。

 

このお掃除もなかなか大変ではありますが、無垢の木を削っているので、木屑がなんともいい香りなんです。

なんだかちょっと、うれしくなります。

端材は捨てずに、薪に使うこともあります。

 

 

たくさん仕事をして、たくさん木屑も出る!

そしてきれいに掃除する。

 

そんな気持ちがいい1日の終わり、刻屋の風景でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中