昔の大工の教科書

自宅の大掃除をしていて発見しました。
どうやら昔の大工の教科書のようです。

井上建築の初代・嘉幸は、樋口家というところから養子さんに来ているのですが、その嘉幸の父も大工でした。

この本は、その明治生まれの”曾祖父ちゃん”のものらしく、明治か大正の書物で、継手や構造の納まりなどが書いてあります。

昔の言葉で書いてるので、読むのがなかなか難しいですが・・・。

 

改めて井上建築は、木や建築に関わってきた家系なのだと実感しました。

なんとか解読しながら、大切にしたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中